レイクは保証人無しで借り入れできるんですか?

レイクは保証人無しで借り入れできるんですか?

借り入れには保証人は必要でしょうか?レイクで借り入れをしたいんですが、保証人無しで借り入れできるんですか?キャッシングでお金を借りることは、誰にも話す必要のないことだと思っています。保証人がいるっていうことは、キャッシングするって誰からに話さなきゃならないことですよね。そういうことは避けたいなと思います。保証人が無くても借り入れできるキャッシングならどこでもいいので、そういうキャッシングを教えてもらえませんか?

レイクは保証人無しでも借り入れできますよ

レイクのようなキャッシング会社では、基本的に保証人無しでも借り入れできるようになっています。なので、保証人のことを気にしているのであれば、心配いりませんよ。ただし、レイクでは年齢制限、収入の有無、職業状況、借金の状況など様々な面から審査されることになります。審査に通れなければキャッシングを利用することはできませんから、まずはご自身が審査に通れるかどうかを見てみることにしましょう。

また、レイクの利用条件は他のキャッシング会社でもほぼ変わりはありません。満20歳以上でなければキャッシングはできない、安定した収入がなければキャッシングはできない、職業に就いていなければキャッシングはできない、既に多額の借り入れがある場合はキャッシングはできない、といったような条件ですね。保証人をつける必要はありませんが、基本的な利用条件はしっかりとクリアしておかなければなりません。その点は理解しておきましょう。

このように、保証人無しのキャッシングは一見すると気軽に利用できるサービスのように思えますが、それだけ自分自身で責任を追わなければならないものでもあります。保証人をつければ、もし契約者本人が返済することができなくなっても保証人に返済をする義務がまわります。

けれども、保証人無しということはキャッシング会社で借り入れをした責任は全て契約者自身にあるということになるので、責任感を持って借り入れをするよう心がけてください。キャッシングでは借り入れをしたら必ず返済をしなければなりませんね。これはレイク以外のキャッシング会社を利用する場合も同様です。必ず返済をするというルールを守ることがまずキャッシング利用者としての責任です。その責任を果たすためにも、計画性のあるキャッシングをするように注意してくださいね。

それから質問者さんはキャッシングをすることを誰にも知られたくない、とも思われているようですね。近年のキャッシングは他人にバレにくいよう利用できるようになっているので、その点も心配ないでしょう。けれども、誰にも相談できなくなるほどの状態になるまでキャッシングに頼り過ぎてしまうことも問題ですよ。キャッシングはトラブルが起こり得るサービスでもあります。何かトラブルが起きてしまった時には、すぐに第三者に相談する、ということも注意点として覚えておきましょう。

レイクを利用する場合連帯保証人が必要なの?

レイクは人気の消費者金融の1つです。借入額の5万円までなら180日間無利息キャンペーンを実施しているなど利用者の立場に立った会社だと人気がありますが、保証人は必要なのでしょうか?金融会社でカードローンを利用したことがない人、消費者金融を利用したことがない人は、レイクを申し込む際に連帯保証人が必要なのかと不安になるでしょう。しかし必要はありません。

会社によっては必要なところもありますが、なぜ不要なのでしょうか。レイクに限ったことではありませんが、お金を貸し出す会社は申し込む人の支払い能力、返済能力を信用情報機関に問い合わせて見極めたうえで融資を決定します。申し込んだ人が将来支払い能力がなくなる状況にある、過去に支払いの遅滞をしている、債務整理をしている場合は審査に通さず、きちんと借りたお金を返済できる人のみに融資を行っています。その確認をするために、レイクで融資を申し込むと、審査が行われ、個人信用情報機関に問い合わせがあり、これまでの金融利用状況を確認するのです。

過去の確認だけでなく、現在の借り入れ状況も照会していきます。万が一支払いが不可能になった場合には、連帯保証はありませんから、家族など迷惑をかけることはありません。もしここで連帯保証が必要な場合には、本人が返済できなくなった場合に、家族や連帯保証になった人に返済を求めてくるのですが、必要ない場合は、返済できなくなったらすぐにレイクに連絡をしましょう。これからの返済計画の見直し、もしくは、債務整理についての相談をすることになります。

絶対にしてはいけないのは、返済できなくなったからといって放置することです。これでは金融事故扱いになり信用情報機関のブラックリストに掲載されるだけでなく、場合によっては訴えられる、執拗以上の取立てに合うこともありますので、誠意を持って対応しましょう。自力で無理な場合には、弁護士や司法書士に相談をしましょう。